消費者金融

初心者でも借りやすい?使いやすい消費者金融を選ぼう!

MENU

初心者でも借りやすい?使いやすいサラ金を選ぼう!

自分にとって借りやすいサラ金を選ぼう!

サラ金を利用するにあたり、さまざまな条件を挙げるかもしれません。
その中でも、審査に通りやすいサラ金を利用したい、とほとんどの方は考えるはずです。

 

キャッシングを利用するには、審査に通ることが絶対条件だからです。

 

サラ金は、銀行や信販会社と比べ、審査に通りやすいと言われています。
実際、サラ金金利や審査通過率などを比較すると、サラ金で可決される確率は一番高くなっています。

 

つまり、サラ金が最も借りやすい金融機関であることは間違いありません。
しかし、借りやすいといっても審査自体が甘いわけでも、問題−−ブラック情報があったり、多重債務者であったりしても通れるという意味ではありません。

 

審査に通れるかどうかに焦点が行きがちですが、本当の借りやすさとは、商品の特徴やサービスなどが自分のニーズに当てはまっているかどうかが大きなポイントとなります。
審査の通りやすさも大事ですが、利用中の利便性や返済のしやすさなどを総合的に考えて自分に合った、借りやすい、つまり利用しやすいサラ金を選びましょう。

 

審査で重視されるポイント

審査では、属性、個人信用情報、必要書類、在籍確認などが行なわれます。
どのサラ金でも必ず審査されるものですが、重視されるポイントはそれぞれで少しずつ異なります。

 

しかし、どれがどのように重要となるかは、申込者には分かりませんし、知らされることもありません。
そのため、確実に審査される項目をよく確認し、ミスや問題視されるような項目がないようにしておく必要があります

 

収入がないとそもそも始まらない

安定した収入がない場合、審査するまでもなく否決されます。
収入がなければ返済していくことができません。

 

返済ができない相手にお金を貸すのは、非常にリスクの高いことであることは容易に想像できます。
そもそも返済能力がない相手に貸そうとは思いません。

 

また、収入で重要なことは「安定しているか」ということです。
毎月、安定した固定の収入があることが求められます。

 

年収自体は低くても、毎月収入があるのであれば返済能力があると評価されやすくなります。
逆に、年収は高いが毎月の収入にはムラがあると言う場合はあまり良い印象はもたれません。

 

他社借入件数はできるだけ低く

既に他社から、特に賃金業者に該当するサラ金と信販会社、クレジットカードのキャッシング枠を利用している方は、借入件数に気をつけなくてはなりません。
借入件数が多くなると、審査に通らない可能性が高くなります。

 

大体3件くらいから厳しくなり始め、5件以上になると可能性はほぼゼロになると考えて良いでしょう。
借入件数が多いということはそれだけ、返済していくものが多いということであるため、返済能力に疑問をもたれてしまいます。

 

また、借入金額が多い場合も、総量規制があるため、合計の借入金額が年収の3分の1以上になるとそれ以上融資することができないので、審査に落とされます。

 

ブラック情報は絶対にない状態にする

個人信用情報機関では、現在までの全ての借入履歴が記録されています。
どの金融機関からいくら借りており、どのように返済したかといた情報が載っています。

 

しかし、問題を起こしてしまうとその事故情報、つまりブラック情報までも記録されてしまうのです。
ブラック情報が登録されるのは、3カ月連続で返済を延滞したり、債務整理や自己破産などを行なったり、短期間に複数社に申し込みを行ったりすると登録されてしまいます。

 

ブラック情報があると、ほぼ100%審査に落とされます。
記録されている期間は、申し込みブラックの状態で約3カ月から半年、返済の延滞や債務整理などの場合は5年から10年ほどとなっています。

 

気をつけなくてはならないのが、ブラック情報は借り入れに関するものだけが記録されるわけではないということです。
クレジットカードでの購入や商品の分割払いなどの情報も個人信用情報機関に登録されます。

 

支払いを何度も延滞すると、サラ金を利用する前から、ブラック状態になっている可能性もあるわけです。

 

審査の際にやってはいけないこと

審査に通りたい。
そのために必要な行動を起こすことは良いことです。

 

しかし、中には間違った行動を起こしてしまい、その結果、審査に落とされてしまったという方は少なくありません。
審査に通るためには、サラ金からの信用と信頼を勝ち取ることが必要不可欠です。

 

絶対にやってはいけない行動を知り、何があってもその行動を取らないようにすべきです。
では、回避すべき行動を見ていきましょう。

 

ウソの申告をする

申し込みの際に必要な情報を入力しますが、そのときに自分をよく見せようとして年収や職場に関する情報や借り入れに関する情報を正直に申告しなかったり、ごまかしたりする方が少なからずいます。
こうしたウソの申告は、サラ金の申込者への信用と信頼を大幅に下げてしまう原因となり、審査に落とされる可能性が非常に大きくなります。

 

ウソは何かしらの形でバレてしまいます。
例えば、年収に関しては収入証明書類などで、職場に関する情報は在籍確認で、借入に関する情報は個人信用情報機関で確認することが可能です。

 

また、故意でなくちょっとした入力ミスなどで、情報が食い違う場合もあるでしょうが、そうならないように入力時・記入字には何度もチェックを行い、ミスがないか確認してから送信しましょう

 

短期間に複数社への申し込み

短期間、およそ3カ月以内に3件以上の金融会社で申し込みを行なうと、申し込みブラックという状態になります。
この状態になると3カ月から6カ月の間、申し込むことができなくなります。

 

なぜ何度も申し込むとブラック状態になるのでしょうか?
短期間で何度も申し込むという行為自体、サラ金側に不信感を与えてしまうのです。

 

また、何度も審査に落ちているということでもあるため、何かしらの問題を抱えているとも判断されやすくなります。

 

希望額を大きく申告する

限度額が大きいとそれだけ安心感を持つことができます。
しかし、サラ金で高額融資をしてもらうにはさまざまな条件や規制があるため、簡単にはいきません。

 

希望額が大きいと減額されてしまうか、最悪の場合は審査に落とされてしまいます。
そのため、希望額はできるだけ小さい金額にするか、あるいは利用するギリギリの金額で申請しましょう

 

電話や店舗での態度が悪い

担当者と直に会うことが少なくなったため、あまり意識されなくなってきましたが、態度や身だしなみといった要素も審査に影響します。
態度は、在籍確認などの電話連絡や自動契約機での担当者とのやり取りからある程度判断されます。

 

身だしなみに関しては、店舗で直に担当者と対面した場合と自動契約機に行った場合に判断基準のひとつとして評価されます。
態度や身だしなみが悪いと、良い印象を持ってもらうことはできません。

 

清潔感のある身だしなみと、好感を持ってもらえる態度や対応の仕方も重要な要素となります。

 

もし審査に落ちてしまったら

審査に落ちてしまったら、すぐに次のサラ金へ申し込むのではなく、何が問題だったのかをよく調べるようにしましょう。
サラ金側は、どこに問題があったのかは教えてはくれないので、自力で探す必要あり、少々大変かもしれません。

 

しかし、問題を改善せずに申し込んでも、また審査に落とされてしまう可能性が高く、申し込みブラック状態になるリスクも高まるので、きちんと調べておいた方が良いでしょう。

 

属性に問題がある場合

属性に問題があって落とされてしまうときは、総合的な評価がかなり低い、固定電話番号を持っていない、居住年数や勤務年数が半年以下といった原因が考えられます。
特に後者2つの理由は、それだけで審査に落とされます。

 

固定電話番号は取得すれば解決しますが、居住年数と勤務年数は半年以上になるまで時間を置く必要があります。

 

個人信用情報は自分でも確認できる

もし、属性に問題がないようであれば、個人信用情報を調べてみましょう。
この情報は有料で本人情報を開示してもらうことが可能です。

 

借り入れがなくても、クレジットカードを利用していたり、分割払いで商品を購入していたりした場合も履歴が記録されます。
当然、返済や支払いが延滞すればそれも記録されてブラック情報として残り、審査に落ちてしまいます。

 

また、個人情報を悪用されて知らないうちに借金ができている、稀ではありますが、同姓同名の別人の借り入れが記録されているといったこともあるので、一度は確認してみたほうが良いでしょう。

 

できるだけ余裕を持って申し込む

審査に落ちる可能性は、通る可能性よりも大きいものです。
そのため、審査に落ちた場合を常に念頭におき、本当に落ちてしまっても問題点を改善するための時間を取れるように、できるだけ余裕を持って申し込みを行うようにしましょう。

 

そうすることで、焦って余計な行動を取ってしまうリスクを下げることができ、次の審査で不利にならないようにすることができます